赤ちゃん言葉

人妻ヘルスを利用するお客様の特徴といえば、やはり何といっても甘えたがりの男性が多いということになります。
働く女性も20代後半から40代までと、いわゆる甘えられる女性が多く働いているので当然といえば当然のことかもしれません。
ですので、働く女性も甘えられ上手になるのというのが一番ということです。
とはいえ、中にはプレイの内容がエスカレートしすぎて面倒なことになることは日常茶飯事のように起きてしまいます。
赤ちゃん言葉での会話がエスカレートしておままごとに発展したり、何かをこじらせて授乳プレイを要求してきたり、何回も同じくだりを繰り返したり、などこの文面だけ見ればかなり面倒だということがわかるはずです。
しかし、そこに目をつぶればとても有り難いお客様になるのが甘えん坊のお客様なのです。
上手に扱うことができれば更なるリピートが期待できるだけでなく、自分自身もストレスが少なく快適にお仕事ができるようになるのかもしれません。
すぐに甘えん坊のお客様だとわかる人、それからこの人実は甘えん坊ではないかという人、そういった男性をしっかり見分けて上手に扱っていけば高収入を得るのも難しい話ではないような気もします。
では、甘えん坊のお客様の特徴にはどういったものがあるのでしょうか。
やはり、一番に挙げられてくるのが「赤ちゃん言葉」を使うということになると思われます。
今まで男性から「赤ちゃん言葉」を使われたことのない人は想像しづらいかもしれませんが、年齢に関係なく本当にこういった男性は多数存在しているのです。
具体的にこの「赤ちゃん言葉」を述べてみますと、まず「あんよ」という言葉があります。
これは足のことであり、「あんよがキレイでちゅね」などと言ってきます。
そういうときは、「○○さんのあんよもたくまちぃでちゅね」と笑顔で返してあげればいいのです。
次に、「ちゅかれた」という言葉があり、これは単純に「疲れた」という意味になります。
「今日はね、お仕事とってもちゅかれたのです」などと言ってきますので、「偉いね、頑張ったね」と言いながら頭を撫でてあげましょう。
それと「おっぱい」という言葉を連呼してくるのも一つの甘えん坊の特徴になってきます。
これはおっぱいを吸わせてという意味ですので、「甘えん坊さんなんだから」と言いながら差し出してあげればいいのです。
こういったように「赤ちゃん言葉」を使う男性というのはとても奇妙に見えますが、決して悩む必要もないのです。
上記のように、大体はテンプレ対応でOKな人が多いとされています。