月別: 2016年9月

甘えん坊を扱う方法

人妻ヘルスを利用するお客様というのは、基本的に甘えん坊のお客様が多いというのが一つの特徴になります。
ですので、働く女性に関しても上手に甘えん坊のお客様を扱わなければならないのです。
そこで、基本的な扱い方としてまず「褒める」ということがあります。
これに関しては絶対に忘れてはならない行為といっても決して過言ではないのです。
他には、「いい子いい子してあげる」というのも忘れてはならないでしょう。
「頭をなでなで」、「ほっぺをスリスリ」、「背中をスリスリ」、「首を犬やネコにするように撫で回す」、といった愛情表現をプレイ中は常に行うようにするとお客様はとても満足してくれるはずです。
最後に、「否定しない」ということになります。
プレイの最初のほうでシャワーを一緒に浴びると思いますが、その時に「頭洗って」とおねだりしてくる人もいます。
「それくらい自分でやってよ」と言いたい所ですが、そこは我慢して「しょうがないな」と言いながらやってあげればいいのです。
訳のわからないことを言われても否定したり突っ込んだりせずに、「うんそうだね」くらいのスタンスで接するのが大切です。
最初はそれをしている自分に困惑して悩むかもしれませんが、慣れれば楽にできるようになるはずなのです。
といったように、甘えん坊のお客様はとても簡単に扱えます。
要するに、プレイ中にお客様が甘えん坊に豹変したら、こちらもガラリとお母さんに豹変してあげればいいのです。
「こんなに子供扱いしてバカにされてると思われないのか」などと考える必要は全くなく、本当に子供を扱う感覚で接してOKなのです。
プレイが終わった後は少しだけ気疲れするかもしれませんが、簡単なのは間違いありません。
アレコレ悩まずにプレイ時間いっぱいお母さんになりきればいいのです。
後、いつもやらないテンションで一定時間人と接するので、やっているうちにだんだん面倒くさくなって少しだけ相手がうざいと感じることもあります。
ですが、本当に我慢するのはそこだけなのです。
それでも、何回もリピートしてくれると思えば何も難しくはないと感じることでしょう。
甘えん坊男子の対応は確かに少しだけ疲れますが、指名されて自分の稼ぎを考えたときには、その疲れに見合う価値が必ずあります。
しかも、1回や2回だけの指名だけでなく、もっとたくさん指名してくれる可能性があるのが甘えん坊男子なのです。
それさえできれば、人妻系風俗は高収入が得られるということです。

参照サイト<人妻系風俗 汝々艶梅田店>

動物みたいになる

人妻ヘルスを利用する男性の大きな特徴というのは、やはり甘えん坊のお客様が多いということになります。
そして、この甘えん坊の特徴の一つに「赤ちゃん言葉」を多用するといったことが出てきます。
「あんよ」、「ちゅかれた」、「おっぱい」、などのような言葉を使ってきますので、何も臆することなく全てを受け入れてあげれば何の問題もないのです。
このほかの特徴として、「動物みたいになる」というのも挙げられてきます。
たとえば、「上目遣い」でこちらを見てきたり、「上目遣い」のまま寄り添ってきたりもします。
そういったときは、何も考えずに頭を撫でてあげればいいのです。
他には、「ニャー」と言ってネコのようになるというのも特徴の一つになります。
可愛がってもらいたいという願望が猫という形で態度に現れていますので、首を撫で回したり、軽くかいてあげたり、丸い物があればそれで遊んであげましょう。
後、「ワン」と言って犬になるお客様も存在してきます。
これは、可愛がってもらいたいと同時に、命令してほしい、服従したいという願望が含まれていることがあるのです。
「お手」と命令し、実際にお手をさせた後に頭を撫でながら「よしよし」と褒めてあげればいいのです。
とても不思議ですが、お客様自身も目がキラキラして喜ぶことだと思われます。
最後に、色々な「おねだり」をしてくるというのも甘えん坊の特徴でもあります。
やはり、ポピュラーなのは「膝枕」と「耳かき」であり、他には「体を洗って」、「背中かいて」などと言ってくる男性もいます。
といったように、何を「おねだり」されるかは男性によって全く違いますので、臨機応変に対応する必要があるのです。
次に、悩みの一つでもある甘えん坊のお客様を上手に扱う方法というものにはどういったものがあるのでしょうか。
これは他の風俗店にも共通していえることかもしれませんが、「お客様のしたいことに合わせてあげるのが大事」、というのが崩してはいけない基本スタンスではないかと感じます。
甘えん坊のお客様というのは褒められるのが大好きでありますので、まずは「褒める」ということは絶対に忘れてはならないのです。
「よしよし」、「いい子だね」、「頑張ったね」、「すごいね」、「かっこいいね」、「素敵だね」、「男らしいね」、などなど場面に合わせてしっかりと褒めてあげましょう。
何といっても、優しくお母さんになったつもりで言うのがポイントでもあるのです。